CLOSE
EN

大学院受験生・
研究者の方へ

教員一覧

臨床⼼理学コース

髙橋 靖恵(たかはし やすえ)教授

臨床実践指導学:心理臨床学・心理アセスメント・スーパーヴィジョン学・家族心理学

大学院博士後期課程・臨床実践指導者養成コースを担当し、スーパーヴァイザー養成の在り方を検討するスーパーヴィジョン学の構築を志している。 心理臨床学的立場から、青年期・成人期を中心として、クライエント及びその家族に対する心理療法に関する実践的研究を行ってきている。特に無意識の在りようや治療関係という視点から、面接過程や投映法を中心とした心理アセスメントを通して、上記の理解を深めようとしている。

河合 俊雄(かわい としお)人と社会の未来研究院教授

心理臨床学:心理療法の哲学的・理論的検討及びユング心理学の深化

心理療法で前提となり、自明となっている概念や理論の批判的検討を行い、それを通じて心理療法を深める(『概念の心理療法』日本評論社)。また心理療法自体を、歴史的、思想史コンテクストの中での位置づける。夢分析を主なテーマとしつつ、イメージを実体化せず、弁証法的で動きを持ったものとして捉えていきたい(『心理臨床の理論』岩波書店)。

田中 康裕(たなか やすひろ)教授

心理臨床学:ユング心理学に基づく心理療法における治癒とその限界

神経症の心理療法が主たるテーマ。神経症を単に修復すべき「対象」としてではなく、心理学それ自体を創り出すひとつの「主体」として捉える。また、それと並行するかたちで、個人心理療法の実践を通して、夢や箱庭、描画等のイメージを用いた心理療法の治癒要因、さらには、そこに必然的に包含される限界についても検討を深めてゆきたい。

立木 康介(ついき こうすけ)人文科学研究所教授

心理臨床学:ラカン派精神分析

精神分析にとって本質的な問いは、ラカンによれば、たったひとつに要約できる――意味と現実的なものはいかにつながりうるのか、と。現実界は象徴界の不可能であるというラカンの定義からすればひとつの逆説にも見えるこの「つながり」は、臨床においていかなる形で出会われるのだろうか。症状、幻想、欲動の水準で考えたい。

西 見奈子(にし みなこ)准教授

臨床心理実践学:精神分析・精神力動的心理療法・精神分析史・臨床心理学史

臨床では、精神分析、特にクライン派やビオンの理論を基盤として実践をおこなってきた。また、そうした理論が実際の臨床場面でどのように展開するかについて臨床研究をおこなっている。 さらに精神分析史の研究をおこない、日本の精神分析および心理臨床の特徴を検討している。その中ではセクシュアリティが日本ではどのように扱われてきたかという点に関心を持ち、研究を進めている。

梅村 高太郎(うめむら こうたろう)講師

心理臨床学:思春期の心理療法

さまざまな次元で「子ども」から「大人」への劇的な変化が生じる思春期には,精神症状や問題行動などが表れやすい。そうした「子ども」でも「大人」でもない思春期の心理療法において,どのような視点やアプローチが必要になるのかを,「身体化」「発達障害」といった事態に注目し,臨床実践に基づいて研究を行っている。

長谷 雄太(ながたに ゆうた)特定助教

心理臨床学:心理療法、心理臨床におけるネガティブイメージ

心理臨床実践では、様々な水準で“悪”の表現や語りに出逢う。そうしたネガティブなイメージが人のこころにどのように作用し、何をもたらすのかということについて研究を行っている。本来であれば“不要なもの”“悪いもの”として切り捨てられてしまう否定的な事象を弁証法的な視点で捉えることによって、人のこころが生み出す“悪”の持つ意義に迫り、臨床実践に還元することを目指す。また、イメージを用いた心理療法全般に広く関心を持っており、夢や箱庭などの臨床素材が持つ治療的作用についても、実践と理論的検討を重ねるなかで、探求していきたい。

松下 姫歌(まつした ひめか)教授

臨床心理実践学:心理臨床におけるイメージと心的体験のリアリティに関する研究、 およびその心理臨床実践上の深化

心理臨床の現場で生じる事象や言動、描画、箱庭、夢等の表現について、それらに含まれるイメージとその心的体験のリアリティの性質を捉えうる視点を研究する。 そのような視点の発掘によって、心自身の求める方向性を見出し、心自身のもつスーパーヴィジョン機能を生かすことが可能になるプロセスとメカニズムについて、心理臨床実践と臨床心理学的検証を通じて考察し探究する。

豊原 響子(とよはら きょうこ)特定助教

臨床心理実践学:心理療法、心理臨床における身体性

心理臨床と物語や物語ることとの関連に関心があり、なかでも老いゆく人や病いを抱える人の「自分の物語」の生成プロセスについて、心理臨床実践と調査研究の両面から探求を進めている。また、生きるうえでの基盤となる身体や場にも関心を持っており、心理療法における箱庭や夢などのイメージと身体との相互作用や、文化や歴史が個人や集団に及ぼす意識的・無意識的な影響についても検討している。理論と実践との往還を重ねながら、心理臨床の場においていかにして創造性が生まれ展開していくのか、考察を深めていきたい。