教育学研究科修了後の進路

修士課程修了者の進路状況

教育学研究科に学んだ大学院生の修了後の進路としては、例年、修士課程修了者のおよそ5~7割程度が博士後期課程に進学し、 博士後期課程修了者の5~7割程度が大学教員・日本学術振興会特別研究員(PD)など研究者としてのキャリアを選択します。

就職先としては、民間企業とそれ以外に分けられますが、それ以外の進路を分析すると、専門的知見を生かし、健やかな生涯発達を支援する専門職(教育行政・司法矯正・心理臨床・学術啓蒙など)が目立っています。

修士課程修了者の進路状況(平成29年度)

<主な就職先>

独立行政法人青少年教育振興機構/株式会社小学館/住友電気工業株式会社/昭和電工株式会社/ユニ・チャーム株式会社 など

博士後期課程修了者の進路状況(平成29年度)

<主な就職先>

京都大学/京都光華女子大学短期大学部/帝京大学/三菱電機情報技術総合研究所/三菱UFJリサーチ&コンサルティング など