稲垣 恭子 (京都大学大学院教育学研究科長・教育学部長)

dean_inagaki 京都大学教育学部は、1906年(明治39年)の京都帝國大学文科大学の教育學教授法講座を前身とし、第二次世界大戦後の1949年(昭和24年)に設立されました。ほぼ同時期にスタートした大学院教育学研究科は、1998年(平成10年)に大学院重点化(大学院の部局化)が行われました。学部と研究科の両方を合わせて、広い意味での教育学の研究とその研究者の養成、教育学を学ぶ学生の教育、全学の教職教育の責任部局という責務を担っており、これまでおよそ6002名の卒業生・修了生を送り出し、各界で活躍する有為な人材の輩出に貢献してきました。なお、同窓会として、京都大学教育学部同窓会(京友会)を組織しています。

 教育学部は、教育と人間にかかわる多様な事象を対象とした諸科学を学ぶことで、心・人間・社会についての専門的識見を養成し、広い視野と異質なものへの理解、多面的・総合的な思考力と批判的判断力を形成し、人間らしさを擁護し促進する態度を啓培することで、地球社会の調和ある共存に貢献できる人材を育成することを目的としています。学部3年次からは、現代教育基礎学系、教育心理学系、相関教育システム論系のいずれかに分属し、専門的な教育を受ける教育システムであり、どの系も伝統的に卒業論文の作成を重視しています。

 教育学研究科は、学内の高等教育研究開発推進センター、こころの未来研究センターなどの教員の協力を得て、教育科学専攻(教育学、教育方法学、教育認知心理学、教育社会学、生涯教育学、比較教育政策学、高等教育開発論)と臨床教育学専攻(臨床教育学、心理臨床学、臨床実践指導学、臨床心理実践学)の2専攻11講座に分かれて、高度な研究・教育を行っています。その際、教員も学生も狭い専門分野に閉じこもることなく、相互の密な連携のもとに進めることを重視してきました。グローバルCOE「心が活きる教育のための国際拠点」と特別研究経費(教育改革)による「子どもの生命性と有能性を育てる教育・研究推進事業」という2つのプロジェクト(平成19年度~23年度)の活動は、そのような方針から実施されたものです。

 最近では、複数の博士課程教育リーディングプログラムに関与しつつ研究・教育をすすめています。具体的には、京都大学大学院思修館(平成23年度採択)、グローバル生存学大学院連携プログラム(平成23年度採択)、デザイン学大学院連携プログラム(平成24年度採択)、霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院(平成25年度採択)との連携を行っています。

 本部局では、理論のみならず、実践も重視しています。1980年(昭和55年)には、わが国最初の心理教育相談室が正式に開設され、1997年(平成9年)には、それを発展的に改組した附属臨床教育実践研究センターが設置され、心理教育相談にあたってきました。2006年(平成18年)からは、全国の希望者に研修機会を提供するE.FORUMを開始しました。2007年(平成19年)には、「子どもの生命性と有能性を育てる教育・研究推進事業」を推進するために教育実践コラボレーション・センターを設置し、学校や地域との連携、国際的情報発信を行っています。さらに2013年(平成25年)には「地(知)の拠点準備事業:大学COC事業」に採択され、特に学校や地域連携の強化を図り、地域貢献と地域資源の教育活用を進めています。

 このような蓄積と発展をふまえて、現在本部局では、平成30年度からの大学院の組織再編を目指して改革を進めています。現在、人工知能等を含む技術革新によって人間とは何かが問われる中で、人間と教育についての根底的な問い直しとそれに対応する先端的な教育方法の開発が求められています。本研究科では、こうした社会的要請に応えうる教育学研究の拠点としてさらに発展するため、研究科のさまざまな研究・教育活動、社会貢献活動を統合し、研究科全体が分野や領域を超えてより柔軟に連結・協力する体制として、これまでの2専攻から1専攻(教育学環専攻)にするべく、組織再編の準備を進めています。研究科内外の各専門領域の相互連環、「科学知」と「実践知」の往還、研究、教育(人材養成)、社会貢献の相互連環、という重層的かつスパイラルな連環のもとに、研究・教育・人材輩出を一貫させる柔軟な組織編成が今回の改革の基本軸です。これを土台として、教育学研究と次世代の教育をリードするイノベイティブな人材養成を目指しています。