教育学研究科修了後の進路

教育学研究科に学んだ大学院生の修了後の進路としては、例年、修士課程修了者のおよそ5~7割程度が博士後期課程に進学し、 博士後期課程修了者の5~7割程度が大学教員・日本学術振興会特別研究員(PD)など研究者としてのキャリアを選択します。

就職先としては、民間企業とそれ以外に分けられますが、それ以外の進路を分析すると、専門的知見を生かし、健やかな生涯発達を支援する専門職(教育行政・司法矯正・心理臨床・学術啓蒙など)が目立っています。

修士課程修了者の進路状況(平成28年度)

<主な就職先>

龍谷大学/厚生労働省/愛知県/滋賀県/神鋼リース株式会社/河合塾/第一生命保険株式会社/楽天株式会社 など

博士後期課程修了者の進路状況(平成28年度)

<主な就職先>

京都大学/名古屋女子大学/東京大学/佛教大学/大阪体育大学/三重県/株式会社LITALICO など