教育学環専攻

教育学環専攻は、「心・人間・社会をつなぐ学際的な「科学知」と、社会における「実践知」を融合させて探究し、その結果得られた「実践的叡智”フロネシス”」を身につけた人材養成」及び「高度な研究能力、創造力を育成することにより、質の高い学位論文(修士・博士)を完成するとともに、自主的な探究力を養い、異分野交流、理論・実践融合型研究を通して新学術領域の創出を担いうる能力と、高度な語学力、国際的発信能力、学術論文や学会発表などにより国内外に研究成果を発信し、学界をリードしうる能力、また、社会的問題の解決のため、高度な教育・心理の専門能力とリサーチマインドを持ちながら、現実の社会のさまざまなところで真に必要とされている処方箋を描き、イノベーションを起こすための知識とスキルを習得」させることを目的としている。

 修士課程、博士後期課程の目的は下記のとおりである。

(修士課程)

理論と実践とを結びつけた心・人間・社会についての高度な専門的識見並びに卓越した研究能力、広い視野と異質なものへの理解、多面的・総合的な思考力と批判的判断力、人間らしさを擁護し促進する態度並びに研究倫理観を、研究成果として実現する。
さらにその結果として修得した高度な専門的識見により社会のさまざまな分野において実践的に活躍できる能力、または、より専門的かつ高度な研究者として活躍するための基盤となる能力を育成する。

(博士後期課程)

各自の研究・学修活動を通して、理論と実践とを結びつけた心・人間・社会についての専門的に高度な識見並びに卓越性と独創性を発揮しうる研究能力、広い視野と異質なものへの理解、多面的・総合的な思考力と批判的判断力、人間らしさを擁護し促進する態度を研究成果として実現する。さらにはその成果として、それぞれの分野において高度な専門的識見や分析能力等を兼ね備え自立した研究者として貢献、または指導的役割を担うことができうる能力を育成する。

また、学生の所属について、「研究者養成プログラム」、「教育実践指導者養成プログラム」と学修プログラムの目的別に分け、プログラム直下に専門性と出口を明確にした9つの学生所属専門コースを設置している。

(教員が所属する組織) (領域名) (学生が所属する組織)
(1)教育・人間科学講座 ⇔教育・人間科学領域 ⇔教育哲学・教育史学コース、
 教育方法学・発達科学コース、
 臨床教育学コース
(2)教育認知心理学講座 ⇔教育認知心理学領域 ⇔教育認知心理学コース
(3)臨床心理学講座 ⇔臨床心理学領域 ⇔臨床心理学コース、
 臨床実践指導者養成コース
 (博士のみ)
 (4)教育社会学講座 ⇔教育社会学領域 ⇔教育文化学コース、
 比較教育政策学コース
 (5)連携教育学講座 ⇔連携教育学領域 ⇔高等教育学コース