CLOSE
EN

大学院受験生・
研究者の方へ

教員一覧

⾼等教育学コース

飯吉 透(いいよし とおる)教授

大学教授法:教育イノベーション、高等教育システム

高度情報化・知識基盤社会においてグローバル化・オープン化・ユビキタス化が進む高等教育システムに関する未来学的研究や、ICTや新たな教育方法を利用した教育イノベーションの促進・普及・啓蒙に理論的・実践的に従事している。さらに、主として北米や日本などにおける大学教育・大学組織・大学運営・リーダーシップを巡る制度・文化の比較研究にも取り組んでいる。

松下 佳代(まつした かよ)教授

大学教育課程:教育方法学、学習論

ポスト近代社会における能力概念(リテラシー、コンピテンスなど)、および、学校教育(大学教育を含む)におけるその形成のあり方を、カリキュラムや評価などの点から批判的に検討し、実践的理論を構築しようとしている。学校段階による差異とそれをこえた共通性を、フィールドワークで得た事例に即して議論するのが、私の研究の特徴である。

田口 真奈(たぐち まな)准教授

大学教授法:教育工学

これまでe-Learningを実施している大学の組織運営のあり方、ICTが教授学習過程にどのように作用するのかに関する研究をおこなってきた。また、大学教員の成長過程にも興味をもち、特に大学初任者の抱える問題に焦点をあてた研究をおこなっている。具体的なFD実践の中から、ICTとFDとの関連、教育の質の向上に寄与するFDのあり方に関する理論化を行うことがテーマである。

酒井 博之(さかい ひろゆき)准教授

教育工学

大学教育の質的向上を促進させるためのICT利用に関する実践研究をおこなっている。最近では、個別教員・教員コミュニティ・組織の各レベルにおける多様な教育改善の取り組みを効果的に可視化・共有化するためのオンライン支援環境の構築に関心がある。

佐藤 万知(さとう まち)准教授

高等教育学・東南アジア研究

制度や組織の仕組みと大学教員個人の営みとの関係に関心を持ち、研究と実践の架橋に取り組んでいます。研究では、大学教員を大学教員たらしめるものはなにか、を視点として大学院段階から異なるキャリアステージ、分野の大学教員を対象に考察しています。実践では、組織的教育活動を活性化する場と文化づくりを目指して活動しています。もともと地域研究出身で、英・米・豪・マレーシアの高等教育を比較の対象としています。