教育方法学講座紀要表紙『教育方法の探究』は,広く教育方法学ならびに発達教育学(発達心理学)に関わるテーマに関する論文を掲載する教育方法学講座の紀要です。

電子ジャーナル

京都大学学術情報リポジトリ(KURENAI)にて公開しております.

電子公開先へのリンク

 

著作権者ならびにその著作権継承者の皆様へ
『教育方法の探究』の電子化・公開に係る著作権の処理について

 

『教育方法の探究』につきましては,第17号(2013年3月)以降の巻号で,刊行後1年を経過したものについては,2014年10月1日より京都大学学術情報リポジトリ(KURENAI)を通して電子ジャーナルとして公開いたします。京都大学大学院教育学研究科教育方法学講座では,同紀要の第1号(1996年3月)∼第16号(2012年3月)に掲載された著作物につきましても,同リポジトリを通して電子ジャーナルとして公開していきたいと考えていますが,そのためには当該巻号に掲載された著作物の全ての著作権者の皆様から利用許諾をいただく必要があります。つきましては,略儀にて失礼かとは存じますが,本件に係る権利処理について下記の通りお伝えしますので,(2),(3)についてご異議やご質問がある場合は,2014年8月1日までに,このご案内の末尾に記載の連絡先までご連絡賜りますようお願い申し上げます。特にご異議の申し出がない場合,許諾をいただいたものとして包括処理させていただきます。

なお,今回は2014年8月1日を包括処理の期限とさせていただきますが,それ以降にお申し出いただきましても,個別に対応させていただきますことを申し添えます。著作権者ならびにその著作権継承者の皆様におかれましては,この電子ジャーナル化の方向性にご賛同くださり,著作権の利用許諾について何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

記『教育方法の探究』の第16号以前の巻号に著作物を掲載された著作権者ならびにその著作権継承者の皆様に,以下の点のご確認とご了解をいただきますようお願いします。(1)著作権の帰属そのものに変更はありません。京都大学大学院教育学研究科教育方法学講座に著作権を譲渡するものではなく,皆様の権利に変更はありません。

(2)第1号∼第16号の『教育方法の探究』に掲載された著作物について,その紙面を電子的に複製しデータベース化すること(複製権*1の利用)を,京都大学大学院教育学研究科教育方法学講座に許可する。(3)電子化したものを,京都大学学術情報リポジトリを通して公開すること(公衆送信権*2の利用)を,京都大学大学院教育学研究科教育方法学講座に許可する。

*1,2「複製権」と「公衆送信権」は,それぞれ著作権の中の諸権利の一つです。

 

編集委員長:田中耕治
連絡先京都市左京区吉田本町
京都大学大学院教育学研究科教育方法学講座
電話:075-753-3046
FAX:075-753-3046(電話FAXとも同じ)
E-mail: tanakakouji