次世代に求められる「知」 ~経営と教育の接点~

 グローバル時代において、知のフラット化が進むといわれる中で、いかにして知を継承し、さらに新たな知を構築していくかが喫緊の課題となっています。また、AIをはじめとする情報・コミュニケーション技術の急速な進展に伴い、人々の暮らしは大きな変動の渦に巻き込まれています。
 グローバル化やデジタル化がもたらす急激な社会変化に対応しつつも、持続可能な新たな「知」とは、どのようなものでしょうか。
 本セミナーでは、経営学および教育学それぞれの専門領域の知見をもちより、日本の教育と経営の現場で蓄積されてきた「知」と近代的な「知」を振り返り、その意義を検証します。そして、経営学と教育学の連携から、新時代に求められる「知」や、その「知」を生み出す教育のあり方や、資源・組織能力などについて議論します。


クリックで表示 PDF (719Kb)

日時

·         2019年6月4日 (火) 14時30分~18時00分 

開催地

百周年時計台記念館 2F 国際交流ホール I

対象

教職員、研究者、大学院生、学部生

参加費

無料

定員

50名

詳細等

[基調講演者]

アスリ・チョルパン 京都大学経営管理大学院 教授

アレキサンダー・ヴルフ  SRHベルリン大学 教授

山内 裕 京都大学経営管理大学院 准教授 

楠見 孝 京都大学大学院教育学研究科 教授

[言語]

日本語、英語(通訳なし)

※プログラムはポスターに記載しております。ご参考くださいませ。

申込

必要:以下URLからお申し込みください。
http://bit.ly/2H4t8Sf  

申込締切日

2019年5月31日(金)17時00分

問い合わせ

教育学研究科 グローバル教育展開オフィス 
E-mail: globalevent*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

備考(その他)

共催: 経営管理大学院・教育学研究科