京都大学 生涯教育学・図書館情報学 研究

第1号 | 第2号 | 第3号 | 第4号 | 第5号 | 第6号 | 第7号 | 第8号 | 第9号 | 第10号 | 第11号
 

第11号 2012年3月発行
著者名 題目 掲載ページ
安里 のり子 図書館情報学教育での「知的自由」の取り扱いについての考察:インタビューを手がかりにした日米の比較 pp. 1-15.
 
第10号 2011年3月発行
著者名 題目 掲載ページ
川崎 良孝 ウェイン・A.ウィーガンドと図書館史研究:第4世代の牽引者 pp. 5-36.
福井 佑介 「公的な場」とパブリック・フォーラム論との関係性について:図書館資料著作権の権利性の視点から pp. 101-120.
Yoshitaka KAWASAKI Historical Development of Standards of the American Public Library: From National Standards to Local Planning pp. 165-177.
Yoshitaka KAWASAKI・Nancy Shzh-Chen LEE Historical Development of Confidentiality of Library Records in the United States pp. 179-191.
Kazuko KUNO School Libraries as the "Third Place" pp. 193-204.
 
 第9号 2010年3月発行
著者名 題目 掲載ページ
川崎 良孝 公立図書館史研究における黒人:人種隔離を中心として(文献展望) pp. 15-58.
川ア 佳代子・川崎 良孝 ハリー・ポッター・シリーズへの検閲とその理由 pp. 89-107.
久野 和子 「第三の場」としての図書館 pp. 109-121.
川崎 良孝 全域サービスを考える:日米での歴史と現状 pp. 193-211.
 
 
第8号 2009年3月発行
著者名 題目 掲載ページ
川崎 良孝 最近の図書館研究の状況:批判的図書館(史)研究を中心として pp. 1-10.
川崎  良孝・川ア 佳代子 ボストン公立図書館と日曜開館問題(1864-1872年) pp. 87-134.
山口 源治郎 日本における公立図書館の現状分析:政策、法制度の変容とその意味 pp. 147-153.
 
 
第7号 2008年3月発行
著者名 題目 掲載ページ
川崎  良孝・村上 加代子 『図書館の原則 (Intellectual Freedom Manual, Office for Intellectual Freedom, ALA)』の変遷と図書館界 pp. 43-61.
金 智鉉 韓国の図書館法:歴史的歩みと課題 pp. 83-91.
川崎 良孝 法体系上での公共図書館の位置づけと図書館の目的(日米比較) pp. 143-153.
 
 
第6号 2007年3月発行
著者名 題目 掲載ページ
薬師院 はるみ 一区一館制度の成立:名古屋市の図書館行政に関する歴史的再検討 pp. 5-18.

マリアン・コーレン 著
村上 加代子・川崎  良孝 訳

健康な社会のために:オランダの公共図書館と健康・医療情報 pp. 65-72.
山口 源治郎 日本における公立図書館の現状と問題点:専門性と公共性の劣化に焦点を当てて pp. 73-80.
高鍬 裕樹 指定管理者制度の問題点について:箕面市図書館協議会での議論のなかから pp. 81-88.
川崎 良孝 アメリカ公立図書館の存在目的:歴史・現状・問題点 pp. 89-97.


第5号 2006年3月発行
著者名 題目 掲載ページ
金 英貴 著
金 智鉉 訳
日本の大学図書館業務のアウトソーシングに関する研究 pp. 103-125.
ペーター・ヴォドセク 著
三浦 太郎 訳
改革と理念:ドレスデン−プラウエンおよびライプツィヒにおけるヴァルター・ホフマンの図書館業績(ヴァルター・ホフマン:小伝) pp. 139-154.


第4号 2005年3月発行
著者名 題目 掲載ページ
川崎 良孝 公立図書館の社会的役割:インクルージョンかエクスクルージョンか pp. 57-64.
高島 涼子 高齢者観の変容と図書館―1961年・1971年高齢化に関するホワイトハウス会議を契機として― pp. 107-129.
川崎 良孝 第2回上海国際図書館フォーラム:都市の発展と図書館サービス pp. 193-194.
高島 涼子 高齢者生涯教育における図書館の役割 pp. 195-202.
金 智鉉 視覚障害者への図書館サービス:韓国の場合―情報環境の変化と点字図書館役割の変容― pp. 203-212.
前田 稔 公立図書館における児童の「保護」について pp. 213-216.
高鍬 裕樹 情報資源としてのインターネットと図書館:日本におけるインターネット情報資源の類別と信頼性 pp. 217-224.
山口 源治郎 公共図書館と生涯学習 pp. 225-229.
薬師院 はるみ 電子時代における図書館観の変容:ベイカー論争の再検討を通じて pp. 231-238.
川崎 良孝 司書の継続教育についての国際的状況:IFLA、ALA、アメリカの図書館学校、韓国国立図書館の場合 pp. 239-251.
薬師院 はるみ 専門職論争の遺したもの:制度の中の司書と論の中の専門職 pp. 253-264.
ペーター・ヴォドセク 著
佐橋 恭子・金城 まりえ・川崎 良孝 訳
ドイツの図書館史研究:現状分析 pp. 265-274.


第3号
 2004年3月発行
著者名 題目 掲載ページ
薬師院 はるみ 情報化時代における図書館員像とその未来:ニコルソン・ベイカー論争を参考に pp. 61-80.
林 鶴・顧 震宇・川崎 良孝 上海の公共図書館と生涯教育 pp. 155-187.
ルイーズ・S.ロビンズ 著・述
川崎 良孝 訳
知的自由とアメリカの図書館:歴史と現状 pp. 189-199.
ウーヴェ・ローゼマン 著・述
岩手 令子・金城 まりえ 訳
VASCODA〈ヴァスコーダ):学術情報のためのポータルサイト、情報の発見 pp. 201-206.
藤原 由華 京都大学附属図書館における情報リテラシー教育 pp. 213-218.
大橋 亜紀子 京都大学工学部等図書室における情報リテラシー教育 pp. 219-224.
生津 知子・金 智鉉・薄 良彦・呑海 沙織・赤澤 久弥 パネルディスカッション:利用者の立場から見た大学図書館 pp. 225-241.


第2号 2003年3月発行
著者名 題目 掲載ページ
徐 志民 中国の公共図書館と有料性 pp. 59-70.
前田 稔
川崎 良孝
アメリカにおける学校図書館蔵書をめぐる裁判事例 pp. 101-134.
ウェイン・A.ウィーガンド著・述
川崎良孝 訳
「図書館」と呼ばれている場について考える pp. 163-170.
ペーター・ヴォドセク 著
金城 まりえ・河井 弘志 共訳
ドイツにおける図書館司書の養成教育開始から1970年まで(公共図書館司書の養成教育を中心に) pp. 171-192.
金 英貴 著述
金 智鉉 訳
韓国における大学図書館のアウトソーシング pp. 193-202.


第1号 2002年3月発行

著者名 題目 掲載ページ
薬師院 はるみ 情報革命がもたらす図書館の変容 pp. 43-58.