人は自分の環境や周囲の人々をどのように認識し、理解し、それらについてどのように思考をめぐらせ、自己の知識・信念体系の中に取り入れてゆくのか。認知心理学の主要な課題は、記憶、思考、感情、言語、知識、意思決定、イメージといった種々の心のはたらきを実証的な手段を用いて解明してゆくことにある。本講座では、教育に関わる心理的諸現象を認知心理学などの方法を用いて幅広く研究している。特に、子どもの認知発達・教授-学習に関する研究、記憶・感情・思考・言語・知識獲得・社会的認知などに関する研究、顔・表情の認識など対人理解やコミュニケーションに関する基礎研究を行っている。

教育認知心理学講座HPへ
教育認知心理学講座HPへ
楠見孝研究室HPへ
楠見孝研究室HPへ

楠見 孝(くすみ たかし)教授

認知心理学:比喩・類推、熟達化、批判的思考、意思決定

知識の獲得、構造、利用を、実験や調査によって、研究を進めている。とくに、(1)人が、学校や職場で知識を獲得したり、スキルに熟達化する過程とそれを支える実践的知能、(2)比喩・物語理解や問題解決、創造性、記憶を支える柔軟な知識構造、(3)推論・批判的思考や意思決定、リスク認知と社会的認知、それにともなう感情についての研究を行っている。

Homepage: http://cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/index-j.htm
E-Mail: kusumi

吉川 左紀子(よしかわ さきこ)こころの未来研究センター教授

認知心理学:顔・表情認識、コミュニケーション、対話

表情・視線知覚、顔の記憶、対人好意形成、他者感情の理解、表情による感情伝達、対話における非言語的相互行為などの研究を通して、適応的で安定した対人行動や対人コミュニケーションを可能にする、心の働きの基本特性を明らかにすることをめざしている。

齊藤 智(さいとう さとる)教授

認知心理学:作動記憶、認知制御、言語、意味認知

認知過程の制御や言語処理などの種々な心的機能の実現に必要となる記憶の役割、およびのそのメカニズムについて、認知心理学と認知神経科学の研究方法を用いて検討している。とくに(1)作動記憶(ワーキングメモリ)と短期記憶のメカニズムに関する研究、(2)認知制御における作動記憶の役割についての研究、(3)実験的エラー誘導法を用いた記憶過程の研究、(4)知識および意味認知と作動記憶の関係についての研究を行っている。

E-Mail: saitosatoru

マナロ エマニュエル(Manalo Emmanuel)教授

教育心理学・認知心理学

学生が用いる学習方略を中心に研究を進めている。学生が学習課題に対してどのようなアプローチを取るのか、また用いる方略の決定に影響する要因、学生の学習を改善するための教授法について、よりよく理解することを主な関心領域としている。最近の研究発表では、問題解決やコミュニケーションにおける図の利用、批判的思考、学生の学習意欲、第二言語習得とコミュニケーション・スキルの向上について発表した。上記のテーマに加え現在、批判的思考・認知コスト・心の理論能力の関係性、学習における失敗の教育的利用及び恩恵について研究している。

E-Mail: manalo

野村 理朗(のむら みちお)准教授

認知心理学:感情認識・表出、自己制御、生命システム

ヒトの感情、生命科学的メカニズムの階層性を実験的に解き明かし、個体形成に及ぼす環境要因を包括した「新しい理論」を構築することを目的としている。そのために心理学実験の調査法を基盤とし、神経科学、遺伝学などの多様なアプローチにおいて、とくに、①感情認識、行動の自己制御、②個人と社会的環境(地域、文化)との相互作用、③遺伝子修飾・多型による個人差に関する実証研究をリンクさせつつ、得られた新知見を支援・介入に活かすための研究を実施している。

E-Mail: nomura 

野崎 優樹(のざき ゆうき)特定講師

 

 

E-Mail: