ホーム > 研究活動 > メンバー

Last-Modified:09-Mar-08 09:51:54. JST

藤田和生(FUJITA, Kazuo)


所属:文学研究科行動文化学専攻心理学専修
職階:教授

グローバルCOEでの主な担当プロジェクト

  • 幸福感に関する基礎的研究-幸福感の科学をめざして
  • 動物観と幸福感-日独におけるヒトと動物の関係の分析を通じて

研究紹介
 専門は比較認知科学。多様な動物の認知、知性、感情の働きを実験や観察を通じて分析し、相互に比較することを通じて、心の進化を明らかにすることを目指している。心のありようは多様であり、その間に優劣や序列はない。それらが互いに補い合って、地球の生態系は作られている。ヒトの心を絶対視することなく、多様な動物たちの心の中に位置づけ、相対的に捉えたい。現在の研究テーマは、視知覚、思考、感情、社会的知性、メタ認知、エピソード記憶、等である。対象動物は、フサオマキザル、リスザル2種、ベランジェツパイ、ラット、シリアンハムスター、イヌ、ウマ、ハト、ニワトリ、など。

主要業績
著書・訳書
藤田和生(1998)比較認知科学への招待-こころの進化学-.ナカニシヤ出版. 247pp.
藤田和生・山下博志・友永雅己(監訳)(2004)マキャベリ的知性と心の理論の進化論-ヒトはなぜ賢くなったか-.ナカニシヤ出版.490pp.
友永雅己・小田亮・平田聡・藤田和生(監訳)(2004)マキャベリ的知性と心の理論の進化論Ⅱ-新たなる展開.ナカニシヤ出版. 515pp.
Fujita, K., & Itakura, S. (eds.) (2006)Diversity of Cognition: Evolution, Development, Domestication, and Pathology. Kyoto University Press. 414pp.
藤田和生(2007)動物たちのゆたかな心.京都大学学術出版会.181pp.
藤田和生(編著)(2007)感情科学.京都大学学術出版会.405pp.
論文・総説
Fujita, K., & Ushitani, T. (2005). Better living by not completing: A wonderful peculiarity of pigeon vision? Behavioural Processes, 69, 59?66.
Fujita, K., & Giersch, A. (2005). What perceptual rules do capuchin monkeys (Cebus apella) follow in completing partly occluded figures? Journal of Experimental Psychology: Animal Behavior Processes, 31(4), 387-398.
Fujita, K. (2006). Seeing what is not there: Illusion, completion, and spatio-temporal boundary formation in comparative perspective. In: Wasserman, E. A., & Zentall, T. R. (eds.), Comparative Cognition: Experimental Explorations of Animal Intelligence, pp. 29-52.
Fujita, K.,Kuroshima, H., Hattori, Y., & Takahashi, M.? Social intelligence in capuchin monkeys (Cebus apella). In: S. Itakura & K. Fujita (eds.) Origins of the social mind. Springer Verlag, in press.

個人HP
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~kfujita/

Page Top

powered by google