こころの支援室では、東日本大震災に関連して関西圏に避難・移住されている皆さまを対象として、様々なイベントを定期的に開催しています。

今回は、「巨大すごろく大会&和・話・輪の会」を企画いたしました。プログラム内容等、詳細は下記をご覧ください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【プログラム内容】

  1. 子どもプログラム 「巨大すごろく」
    空をコンセプトにした巨大すごろくの中に自らが入ってマスを進めていきます。最後には、集めたアイテムをつかって工作もします。
  2. 親プログラム 「和・話・輪の会」
    「和・話・輪の会」では、皆さんが今困っていることや誰かに聞いてみたいことなどを自由に話し合える、心が和み、つながりの輪が広がるような時間を過ごします。

 

 

 

 

日時

平成30年1月28日(日)13:30~16:30ごろ 雨天実施

場所 京都大学 総合研究1号館 実習室
対象 東日本大震災に関連して関西圏に避難・移住してこられた子育て世帯

集合

電車でお越しの方:午後1時に京阪 出町柳駅
お車でお越しの方:午後1時20分に京都大学 総合研究1号館
 ※詳細はお申し込み後にお知らせいたします。

参加費

無料

参加定員

約20名(先着順)
 ※中学生以下のお子様は必ず保護者の方とのご参加をお願いいたします。

申込方法

Eメールでのお申し込みとなります。件名に「巨大すごろく大会&和・話・輪の会」等と記入の上、参加者全員の氏名・年齢(学年)・性別・住所・電話番号・メールアドレスを記入して、下記のメールアドレスまでお申し込みください。お申し込み後、集合場所等の詳細についてご連絡差し上げます。

申込締切

平成30年1月21日(日)午後5時
(定員に達した場合は、期日前でも締め切らせていただく場合があります)

申込・
問合せ先

京都大学大学院教育学研究科 こころの支援室

020cpspace (atmark) mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
( atmark の箇所は@に置き換えてお読みください)