PDF(1MB)
PDF(1MB)2017/6/15訂正

 臨床教育実践研究センターでは、毎年1回、学校教育現場等で子どもに関わる専門家を対象として、「心の教育」を考えるリカレント教育講座を開催しています。

 第21回となる今年度は、「家族の理解とその支援」を全体テーマとして開催いたします。午前中のシンポジウムでは、「発達障害の理解と対応」をテーマに、臨床心理学や教育の領域で経験豊かな先生方をシンポジストとしてお招きし、それぞれの立場からお話しいただきます。午後の分科会では、教育現場等における個別事例について丁寧に検討し、より良い理解と支援のあり方を模索する機会にできればと考えております。講座日程・講師などの詳細は、募集要項参照)。

 参加者の皆様とともに、広い視野から子どもたちの心のありようや教育、そこで生じる問題への対応についてじっくりと考える機会にしたいと願っております。

 多数のご参加をお待ちしております。

お詫びと訂正:募集要項の時間表記に一部誤りがございましたことをお詫びいたします。

       正しくは、全体会の時間は、16:35~16:50です。(2017/6/15追記)

教育学研究科附属臨床教育実践研究センター主催

第21回リカレント教育講座「心の教育」を考える―家族の理解とその支援―

日時 平成29年8月20日(日)午前9時30分~午後4時50分
場所 京都大学百周年時計台記念館
定員 100名(先着順)
受講資格 学校教育関係者・心理臨床専門家・児童養護施設等の関係者(事例に関する守秘義務を守れる方)。詳しくは、募集要項を参照してください。
受講料 6,200円
申込方法
PDF(200KB)

郵送のみ。

申込書に必要事項を記入し、返信用郵便ハガキ(住所・氏名を明記)を添えて、下記までお申し込みください。

申込書記入の方法など、詳しくは、募集要項を参照してください。

申込先 〒606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学大学院教育学研究科総務掛「リカレント教育講座」係宛
お問い合わせ先 京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター
TEL: 075-753-3052 FAX: 075-753-3018