教育学研究科「こころの支援室」では、平成28年7月31日(日)に、京都大学総合博物館との共催で、「京大博物館ツアー 虫博士になろう!&和・話・輪の会」を開催しました。これは東日本大震災に関連して関西に避難・移住してこられたご家族を対象とした支援イベントであり、当日は6世帯16人がご参加くださいました。

 前半では、農学研究科教授の松浦健二先生にご協力いただき、総合博物館の企画展「虫を知りつくす 京都大学の挑戦」の展示を先生の解説付きで見学しました。

 後半では親子別のプログラムを行いました。子どもたちは虫にまつわるクイズをしながら大学構内で虫を探し、保護者の方々はグループに分かれて日々の思いを共有しました。

 親子ともに楽しみながら最先端の知に触れる体験をしつつ、同じ境遇の人々とふだんは中々言葉にしづらい思いを共有できる、貴重な機会となったことがうかがえました。

 

IMG_1441
松浦教授の解説に聞き入る参加者たち