附属臨床教育実践研究センターこころの支援室では、平成27年11月1日に、吉田キャンパス構内および総合研究1号館実習室にて、「恐竜の卵を取りかえせ!&和・話・輪の会」を開催しました。

本企画は、東日本大震災に関連して関西に避難・移住されているご家族を対象に開催されました。

子どもプログラムでは、ハンターに盗まれた恐竜の卵を取り返すために、子ども達が力を合せてミッションに取り組み、無事卵を取り返しました。その後は、粘土制作で恐竜を作りました。

親プログラムでは、当研究科教員によるお話のあと、小グループに分かれて、それぞれの日々の思いを語り合いました。

参加者からは、恐竜作りが楽しかったという感想や、今後も企画を継続してほしいという要望を頂きました。

kyouryutamago
恐竜の卵